Daylight Collimation of a Cassegrain Telescope

鏡筒の正面から鏡の反射光を見るだけ。室内でできる簡単コリメーションです。

このページの内容はDaylight Collimation of a SCT or Maksutov-Cassegrain (robincasady.com) のパクリです。私のヘタレ目では星像を使った光軸調整よりも、こちらの方法のほうが良好な結果が得られたので、日本語化と若干のアレンジを加えて紹介します。

図1col_fig1

鏡筒の正面光軸線上から焦点距離分くらい離れて見ると、幾つかの輪が見えます。 光軸が合っていれば、これらは全て同心円に見えます。(離す距離は大体の目安)

図2col_fig2

図3col_fig3

図4col_fig4

図5col_fig5

図6col_fig6

図7col_fig7

図8col_fig8

鏡筒は経緯台に載せると便利。星を観る訳ではないので過積載も気にしない。まずは、肉眼で輪の見え方を確認する。 デジカメはエレベータ付きの三脚+微動雲台に載せると調整がらく。テレビにつないでモニターすると作業しやすい。 肉眼で確認するときはピンホールを開けた紙を三脚に貼り付けて、そこから覗くと目の位置の再現性がよくなる。

図9col_fig9

図10col_fig10

図11col_fig11

以上になります。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

・・・あとがき・・・

atm_omc1402003年の火星大接近のとき、火星を見るためにOMC-140(中古)を購入しました。この記事はそのときに行っていた光軸調整をまとめたものです。その後、写真メインになってVixen VC-200L(中古)を購入。さらにVixen R-150S(中古)を購入。この3本で一番よく見え写真写りも良かったのが、一番古く一番安いR-150Sだったことに衝撃を受け、反射式望遠鏡についてはニュートン信者になりました。

Comments are closed